ミ- z -ミ_。
Book of the miracles
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SELF-ESTEEM
父は新書ずきだったので、実家はカッパブックスの宝庫。占いやら、英語やら。。
健康情報やダイエット成功本見たいのもスキで、そのなかに、「エリザベス・テイラーの挑戦」がありました。
原題が。。あんま憶えてないんですが、「私が美と自尊心を取り戻した方法」といった内容だったと思います。
その「自尊心」にあたるのが、「Self Esteem」です。
一般的に日本人が使う言葉じゃないので、「自尊心」にしましたが、「自分を尊重する=是とする考え方」のことです。

エリザベス・テイラーは、数回の結婚で知られていますが、そのうち何回目かの離婚の後に激ブトリしてしまい、仕事も「若いころは超美人だった、美人で太ったおばさん」ではたいした役が来ず、自分に対する評価が自分の中で激しく落ちてしまったそうです。

華やかな社交生活の中での暴飲暴食、それから離れて体重調整を始め、若いころと同じサイズの服をきれるようになって初めて、取り戻したのは外見の美だけでなく内面の自信、Self-Esteemだった、そして、それが若いころから自分にかけていたものだったと知ったそうです。

子役からずっと第一線。大人に混ざって、10代のころは誘惑してくる男たちを交わし、こどものままでいられなかった彼女。常に自分に背伸びをさせてきたため、もっともっと努力しなくては、と思ってきたのだと。

その本の後も、結婚してたらしいのですごい。。w
彼女の結婚回数の秘密は、とにかく男性と恋人になれない。
そのためには結婚しなくてはいけないという彼女の中の宗教心のせいだそうです。。

男だって、彼女となら、結婚してでも手に入れたいですよね。
だからそうなっちゃったとw
一種の病気かもしれないけど、そこまで貫ければ素晴らしいですね。
一時Twitterでフォローしてたんだけど。。まだまだいろんな活動をされてるようですね。
ハマコーさんの活動ップリとは大違いだw
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
昨日はカウンセリングの日でした。
最近大きな出来事があって、寝食に難が出てしまい、自分で自分の面倒が見切れず、仕事でも支障をきたすようになったため、通い始めました。

昨日言われたことは。。。
「自分の感情は自分の自己責任」
ということです。
最初それを言われた時には、カウンセラーさんに対する敵意が芽生えました。

私は、あのことの前には、全く普通だった!
あれさえなければ。。。私は悪くない!私が悪いなんてひどい!
そういう防衛心から出る敵意だと思います。。

でも、自己責任というのは。。。こういうことだそうです。
Aという出来事があった。
それが傍目にみて、如何に理不尽であったとしても、それによってつらくなってしまっているのは自分である。
自分で、自分の心の、外敵?に対する対処法をコントロールできなければ、よりつらくなってしまう。

その対処法を知るために、自分の「感情」について感じてみてください。
抑えた怒り
いえなかった気持ち

ただし、そのときの出来事に入り込んで考えてはいけません。
ただ、どんな感情だったかを分析してください。
自分からはなれて?。

その辺がよくわからず聞いていたのですが、最初に起きた敵意で心が動いてしまったため、余り頭に入りませんでした。

帰り道はやっぱり考えがまとまらず。。。
考えちゃいけないんだ、感じるのか。。。
しかし、つらいことを考えるとまたつらいし思い出したくない。。。
。。。。。。。。。。。ヒトカラへGO

してごまかしてしまったんですが。。

夜になると、やっぱりもやもやしてて、どうすればいいかを考えました。
説明がよくわからなかったな。。カウンセラーをかえた方がいいのかな。。。

で、ググってたどりついたのが
カウンセリング理論
でした。
ここによると、まあ私などは。。鬱病ではないと思うので。。どうかと思うんですが、感情を思い出すときには、客観的にはだめだということ。
私の先生もそういいたかったのかもしれませんが。。。
もう一度その出来事に、自分となって入って、そのときに感じたことを思い出す。

でもつらくなったらすぐやめる。

そして、その時に感じたことを閉じ込めてしまっていたのなら、
自分に「自分の感情なのに殺してゴメンネ」と謝って、抱きしめてあげなさい
とありました。
感じるな!というのは、心に死ね!というのと同じこと。
それを自分に対してしてしまっては自分で自分の心を殺すのと同じこと
そんなことをしてしまった自分から、そのときの自分に対して謝りなさい。。。抱きしめなさい。。。

ああ、それがSelf-Esteemなんだ、自分のことを尊重する。。自分は自分でいいのだから、メタモルフォーゼしたり、ある感情を、ないフリをしてそれが大人だと思ったり、不満を殺して相手に合わせて捨てられたくないと思ったり。。そんなことをしちゃだめなんだ。。。

私の頭に美しいエリザベス・テイラーの笑顔が思い出されたのはそのときでした。
ずーっと昔に読んだ、ホコリだらけの文庫本だったのですが。。。

今回の出来事のせいで、自分が壊れそうになったんじゃない。
今までの道全てがここに自分を導いている。
どこかで、変わらなきゃ。

自尊心を。。Self-Esteemを手にしたい。

そのためには、もう、明るいフリなんかしない。だめなときはダメって言う。
泣きたいのに笑って見せたりするもんか
そして、自分ひとりで何とかできる道を探すんだ。

。。さっきのサイトの話に戻りますが、引用されていた親鸞の言葉で
たとえ過去の自分の過ちが、どんなに大きな過ちであっても、縁があなたをそうさせただけなのです。
あなたはそのときそういう縁の中にいて、そうするしか方法を知らなかったのです。
だから、仏様はそういうあなたをすべて許して哀れんで、あなたを守るためにそばについておられるのです。


これを読んだ時に、とっても久しぶりにちゃんと泣けました。
そういえば、あの出来事があってから、あんまりちゃんと泣けてなかった。
泣きながら寝ましたが。。。。

ちゃんと寝れました。
夜中に内臓が取れそうな感覚に陥って発狂しそうになったりしなかったし
電話を掛け捲ったりもしなかった。
1つ乗り越えられた気がします。泣いても、大丈夫。あっち側にはいっちゃわなかった。
お酒も飲まないで寝れました。

親鸞、ちゃんと読んでみようかな。

先生はこうもいってました。
「人は、人とのかかわりで傷つくと、それを、傷つけた相手に返してもらおうとしてしまう。それがだめだと、他の人に返してもらおうとしてしまう。
 しかし、他者はやがてつかれてしまい、結局、自分に100%の満足を与え続けてくれはしない。だから、自分の中からその問題を解決する方法を探さないと」

自分の中に、全ての道がある。
なんだかこんがらがっててわからない道です。
でも進んでいかないと、戻れば地獄です。
そしてなんとか、Self-Esteemを。。。だめな自分のままでいい、という考えを捨てたい。。

嬉しいことに?今回の事のために、食事が取れなくなって大幅にやせたので、まずは体型から変えたいと思います。



やっぱり鏡に映る自分の姿を正視したくないのでは。。自尊心も芽生えませんよねw
よし!DVDみるぞ!アフィリかよ!って殴らないでね!!w

心の道探しも続けてみます。いい本あったら教えてください。
でもつらかったらやめるんだ!
そして明るくやれる時は、どうぞ今までどおり遊んでね☆
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

copyright © 2017 ミ- z -ミ_。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.